ナビゲーション

採用情報

社員紹介

専門知識を深め尋ねられたことに即答できる自分でいたい 工事本部 設備部 小林 秀行

──入社のきっかけは?
企業説明会での現場見学で決断

高校卒業後にしばらくアルバイトをしていましたが、会社に入社したいと考えて、就職率が高いと評判の学校の設備科に入学しました。就職先としても設備工事などの会社を考えていて、はじめは第一ヒューテックもそうした会社だと思っていたのですが、企業説明会でいろいろと説明をうかがい、「総合建設業」いわゆるゼネコンだと理解しました。また、完成物件や工事中の現場を何件か案内してもらったのですが、そのおかげで入社後にどんな仕事をするのか具体的にイメージでき、自分に合う会社ではないかと思うようになって、面接を受け、入社することができました。

──今、担当している仕事は?
設備・電気工事全般を担当

設備部では、各現場の設備と電気(照明・エアコン・インターネット・水廻りなど)について、見積りなどを社内でチェックしたり、現場に出向き図面通りに工事が進行しているか定期的に検査を行います。また、設計事務所とお客さまが集まる定例会に参加して、建物の仕様などを決める仕事も行っています。検査は法律が絡む業務だけに、見逃すと取り返しのつかないことになってしまう場合もあるので、必ず設備部のスタッフと違う目線で確認し合って慎重に進めています。電気工事施工管理技士と管工事施工管理技士の資格は必須。常に新しい知識を身につけることも大切です。普段は社内にいることが多いですが、検査が重なれば、かなりの時間を現場で過ごすことになります。日程管理は自分で行うので、スムーズなスケジュールを心がけています。

──仕事の魅力とは?
学んだ知識が仕事で役立つ喜び

この仕事には専門的かつ幅広い知識が必要で、常に勉強をしないといけませんが、知らなかったことがわかってくると楽しいですね。それに、学んだ知識が検査などで実際に役に立つと嬉しいです。社内の人から「これはどうなっているの?」と尋ねられ、すぐに正しく答えられた時は、仕事に貢献できているなと感じられます。
常に現場にいるわけではないので、建物の完成の瞬間にはあまり立ち会えませんし、私が検査する電気は目に見えるものではないですが、それでも、建物が夜にライトアップされた姿を見ると素直に感動します。また、第一ヒューテックはNTT関係などの特殊な工事もしていますので、技術的に面白い仕事ができるところも魅力に感じています。

──休日の過ごし方は?
仲間とバイクでツーリング

バイクに乗るのが好きです。長期の休みが取れた時などは、会社の仲間と一緒にバイクで出かけることが多いですね。4人で、4泊5日で九州へ行ったこともあります。けっこう疲れましたが楽しかったです。以前は中型バイクしか持っていなかったので参加できませんでしたが、3年前に大型バイクを購入したのをきっかけにツーリングの仲間に入って、これまでに富士山や志賀高原にも行っています。みんなのスケジュールを合わせるのは大変でお金もかかりますが、うまく計画が立てられた時にはワクワクします。「そこまでに仕事を終わらせなければ」と思うので、仕事にもメリハリが出ます。

小林 秀行(こばやし ひでゆき)

プロフィール

小林 秀行(こばやし ひでゆき)

工事本部 設備部/2009年入社

小林 秀行(こばやし ひでゆき) 小林 秀行(こばやし ひでゆき)

ある日のスケジュール

  1. 7時30分出社
  2. 8時社内で見積り業務、
    図面チェックなど
  3. 12時昼休み
  1. 13時社内で見積り業務、
    現場会議など
  2. 19時終業
  3. 19時30分帰宅

学生のみなさんへ

第一ヒューテックは社員が会話なく帰ることのない、とても雰囲気のいい会社です。
自分が希望する業種や職種をきちんと理解しておくことが大切だと思います!

社員紹介

  • 工事部 塚田 光輝
  • 工事部 安部 卓弥
  • 設備部 小林 秀行
  • 工事部 湧川 廉
  • 工事部 松尾 隼祐

ページトップへ