設計施工

建築工事は、建物を計画し図面を描く「設計業務」と、実際に工事をする「施工業務」に大別できます。設計は、設計事務所などに、施工は建設会社に、というのが設計・施工分離発注という方式です。
一方、設計と施工を同じ会社に依頼するのが「設計・施工一括方式(設計施工)」と呼ばれるものです。設計施工の場合、分離発注に比べ、経費が割安になる、責任の所在が明確、などのメリットがあります。
当社では、工事だけを請け負うのはもちろん、設計施工も積極的に行っており、高品質な建物をより低価格にてご提供させていただきます。ぜひご検討ください。

設計施工の流れ

お客さまへのヒアリング

まずお客さまの目的や条件を丁寧にヒアリングいたします。この時点での聞込みが今後の設計内容に大きく影響するため、なるべく具体的にお聞きします。

基本計画

敷地状況や法的制限などをしっかりと把握して、建設可能な建物の大まかな形をご提案します。ご要望や条件によって、いくつかの案をご提案させていただく場合もあります。

概算見積

イメージが固まりましたら、工事金額の概算を算出してご提出いたします。ここまでは原則として無料で作業させていただきます。

設計契約

お客さまの建物のイメージとご予算がうまくマッチングできましたら、設計を進めるための設計業務委託契約を締結します。

基本設計

さらにお客さまのご希望をお伺いしながら、より具体的な設計を進めていきます。

確認申請

ひと通りの図面が完成しましたら、建築基準法に適合していることを行政または指定民間確認審査機関に確認してもらう建築確認申請を行います。

実施設計

確認審査の期間も、工事レベルまで詳細に描き込んだ、実施設計を進めます。

本見積

確認審査が合格して確認済証が発行され、お客さまに図面の内容を承認いただけましたら、正確な工事金額を算出するための本見積を行います。

工事請負契約

図面、本見積金額ともにご納得いただけましたら、工事を行うための工事請負契約を締結させていただきます。

工事着工

工事請負契約締結後には、速やかに工事を着工いたします。工事中は、専属の現場監督が工事管理を行い、同時に設計担当が図面と同等の施工が行われるよう厳しく監理します。
また、工事の進行に合わせて定期的にお施主様、設計監理者、現場監督らを交えた打合せを行い、細かい仕様や仕上材の種類等を決めていきます。

行政検査

工事が完了しましたら、行政または指定民間確認審査機関にて、建築基準法に適合しているかの検査を行います。また、消防署による消防・避難設備等に関する検査も行います。

施主検査

社内での検査を行い不具合箇所を是正した後、お客さまに最終検査をしていただきます。そこで指摘された不具合箇所は引渡しまでに速やかに是正します。

引渡し

引渡し書類や竣工図面などとともに、建物をお客さまにお引き渡しいたします。

ページトップへ