耐震診断・耐震補強

日本での地震発生は、世界で発生する地震の約10%を占める地震国ですが、その地震はいつ、どこで発生するかわかりません。 一旦、地震が発生すると、地震による揺れで建物の倒壊やその影響による火災の発生及び津波の発生等で大きな被害が予想されます。 また、地震による揺れは、建物の設計年度・構造、地盤の特性により大きく異なります。
そこで、耐震診断を行い、耐震性能を評価して建物の倒壊危険度を判断し、耐震補強等の対策をたてることが必要です。

耐震設計基準の変移

耐震設計基準の変移

耐震設計基準は、幾度もの大きな地震を経て見直しが行われ、徐々に耐震設計基準が引き上げられ今日の形に至っています。

耐震診断

耐震診断

耐震診断を行う必要がある建物であるかどうかの判断にご利用ください。

耐震補強

耐震補強

鉄筋コンクリート造の一般的な耐震補強法について

耐震補強SPAC工法

耐震補強SPAC工法

施工性と低コストを実現した新しい耐震技術です。

東京における緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を推進する条例について

東京における緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を推進する条例について

震災後の首都機能を確保するための重要な条例が施行されました。

ページトップへ