耐震設計基準の変移

耐震設計基準は、幾度もの大きな地震を経て見直しが行われ、徐々に耐震設計基準が引き上げられ今日の形に至っています。

耐震設計基準の変移

1950年建築基準法公布
許容応力度設計
水平震度:K=0.2
1968年十勝沖地震(M7.9)
RC短柱のせん断破壊
1971年
(昭46年)
建築基準法施行令の改正
日本建築学会RC規準の改定
せん断補強筋間隔の狭化
最小せん断補強筋量の採用
設計用せん断力の割り増し
曲げ降伏先行の概念の導入
1971~77年建設省総合技術開発プロジェクト
1977年新耐震設計法の提案
1981年
(昭56年)
建築基準法施行令の改正(新耐震設計法の採用)
一次設計と二次設計
じん性に応じた保有水平耐力
剛性率・偏心率
変形制限
1995年
(平成7年)
兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)

ページトップへ