水防対策(豪雨対策)

我が国は、自然的・社会的環境から洪水等による災害を受けやすく、さらに近年異常降雨が頻発などにより、予測を超えた氾濫水位に達する事象が相次いでいます。

このような洪水による浸水から重要な建物・財産を防ぐための対策に、水防対策の重要性が高まってきています。

水防対策は、重要な建物・財産を浸水から防ぐため、年降雨確率からの雨量により算出した想定氾濫水位をもとに、敷地又は建物の所定の区画を水防設備により、水密構造化する対策です。

第一ヒューテックの水防対策

防水対策フロー
第一ヒューテックの水防対策(豪雨対策)
想定氾濫
1.河川氾濫: 集中豪雨により河川への流入量が増し 堤防を越え、溢水して発生する。 また、河川への流入量が増えたことで 堤防が決壊して発生する。
2.内水氾濫: 都市化の進展により、雨水浸透能力の 低下と下水道及び小河川への流入量が 増し、下水道及び小河川から溢水して 市街地に発生する。
3.高潮: 満潮時、台風などの発達した低気圧に 風が加わり発生する。
4.津波: 海底を震源とする地震により発生する。
   

ページトップへ