建築関連用語

内装工事

  
LGS
Light Gauge Steel
厚さ6mm以下程度の薄板を冷間ロールしてつくった軽量形鋼。形状は溝形、山形、Z形などがある。鉄骨造や鉄筋コンクリート造などの建物で、壁・天井の下地材として用いられる。
石膏ボード
石膏を芯材とし、両面ボード用原紙で被覆し、板状に成形したもの。安価なうえに防火性能・強度に優れるため、あらゆる用途・部位の内装壁下地材として利用される。プラスターボード(PB)ともいう。
ビニルクロス
塩ビなどの樹脂を原料とした壁紙。
寒冷紗(かんれいしゃ)
綿、麻で粗く編みこんだ薄い布で、壁のひび割れ防止に使用する。
岩綿吸音板
無機質繊維のロックウールを主原料として、接着剤や混和材を加えて板状に成形し、表面を塗装やラミネート化粧して仕上げたもの。吸音性、断熱性、防火性に優れるが、耐湿性が低い。主に天井材に用いられる。
GL工法
躯体コンクリートに粘土状の接着剤(GLボンド)を一定間隔に塗り、石膏ボードを押し付けて張る工法。コンクリート面の下地処理や下地組が不要で、直張り面が凸凹のままボードを張る事ができるので工期短縮が図れる。
モルタル
セメント、砂、水を練り混ぜた材料。下地材やタイルの張り付け用などに使われる。
漆喰(しっくい)
消石灰を固結材とし、紙スサまたは麻スサなどに糊を加えて練った材料。
珪藻土(けいそうど)
藻類の一種である珪藻の殻(二酸化珪素)の化石よりなる堆積物(堆積岩)を主成分とした土。多孔質になっているため断熱性、保湿性、遮音性、吸放湿性が高く、有害物質を吸着する性質もある。
シックハウス症候群
新築の住居などで起こる、倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などの症状があらわれる体調不良の呼び名。主として住宅室内の空気の汚染が原因となることが多い。汚染源には、建物や家具の接着剤や塗料などに含まれるホルムアルデヒド等の有機溶剤、防腐剤等から発生する揮発性有機化合物 、カビや微生物などがある。

ページトップへ